特定商取法に基づく表示

運営業者  Koji Yonezumi
運営統括責任者  Koji Yonezumi
ホームページURL  http://yonebtt.com/
住所  1-18-13-303

shojihigashi ikuno-ku Osaka-shi Osaka-Fu  Japan

連絡先  km3376@expa-post.jp
メールマガジン   よねの国際せどり通信

自己紹介

はじめまして!

よねと申します。

現在は、サラリーマン生活をしながら、

平日の晩と、休日には副業を営んでおります。

 

現在、自宅と会社の中間地点に事務所を借りており、

仕事が終わった後に、

事務所に寄って作業をしてから帰宅する日々です。

 

副業の内容としましては、

「せどり」がメインとなります。

あと、ちょこっとアフィリエイトもやっております。

せどりのほうは、

ヤフオクを主戦場として、Amazonを利用して、

海外オークションのeBay(イーベイ)もやっております。

eBayの方は2015年末から本格的に取り組み始め、

今年、念願のPower SellerとTop Rated Sellerに

なることができました!

得意なジャンルはメディア系です。

 

 

そもそも、せどりを始めたきっかけは、

収入が低いから何とかしなくては!

と、いう思いからでした。

 

現在働いている会社が俗にいう一族会社ってやつで、

給料がなかなか上がらず、ボーナスは一向に増えません。

他の会社に入った同期の友人たちは、

もっといい給料をもらい、自分の2倍以上の

ボーナスをもらっていました。

正直、悔しかったし、面白くなかったです。

 

「このままでは将来やばいな・・・何かしなくては・・・」

そう思ったものの、何をすればいいか分かりませんでした。

 

まずは、何かをやってみよう!と、

副業系の本を購入し、初めてやり始めたのは

「FX」でした。

 

結果は、もちろん惨敗でした・・・。

 

他には、競馬で有料情報を購入して

頑張っていこうと思いましたが、

こちらでも惨敗・・・・

 

そんなときに、

たまたま副業系の本を読んでいると、

「ヤフオクで転売して稼ぐことができる!」

という情報をゲットして、

これだったら自分にも出来るかな?

とチャレンジしてみたところから

自分のせどり生活が始まりました。

 

始めたばかりのころは、

自宅にある不用品を売って経験を積みました。

売るものが無くなってからは、

中古ショップなどに行って、仕入れに行くようになりました。

「100円で仕入れたものが1000円で売れるなんて!」

その感覚がすごく楽しくて、

せどりにどんどんハマっていきました。

 

国内転売を始めてから3年くらいが経ったある日、

オークション関連の本を購入したところ、

海外のオークションサイト「eBay」があることを知り、

eBayにもチャレンジしました。

結果的に、国内だけで物販をしていたころに比べて

利益が倍増し、大成功でした。

 

しかも、海外のお客様はものすごく褒めちぎってくれます。

「ありがとう!なんて君はすばらしいセラーなんだ!」

「あなたの様な素晴らしい対応は初めてだよ!」

そんな評価をもらえて、

嬉しくない訳がありません。

自分の利益のためにやっているのに、

海の向こうに住んでいるお客様が、

これほどまで喜んでくれるなんて、

せどりを始めたころには全く思いもしませんでした。

 

今となっては、勤めている会社に感謝しています。

だって、会社の給料が安かったことが原因で、

今の自分があるんですから・・・。

 

 

「転売」というと、

「高く売って儲けるんじゃないの?」

と、嫌な顔をされる方も

いらっしゃるかも知れません。

でも、僕はそれはちがうのではと思います。

例えば、アメリカ限定品を欲しいと思った時、

あなたはアメリカまで買いに行きますか?

 

行きませんよね?

 

せどらーは、世界のかけ橋になることも

できるのです。

実際、お客様からは、

感謝の言葉しかいただいておりません。

 

それに、感謝の気持ちをいただいた上に

プラスアルファで副収入を得ることが出来る。

Win-Winってやつですね。

せどりってすばらしい仕事だと思いませんか?

 

それに、せどりって難しいことは

一切ありません。

 

 

だって、せどりって安く仕入れて高く売るだけですから。

 

 

もし、あなたが新たに収入を得たい!

そう思っているなら、

まずはリスクの低い「せどり」をおススメします。

 

是非「せどり」の世界に足を踏み入れてみてくださいね!